日本大学

Language
文字サイズ:

TOP

学生の満足のために

学生1.2万人の学部間交流授業 日本大学ワールド?カフェ

日本大学では、学生が安心して快適に充実した学生生活を送るために、また、学生の成長を実現するために、学生のニーズを踏まえたあらゆる取組を展開しています。

16学部1万2千人を超える学生による日本大学ならではの“大規模交流授業”を展開!

日本大学では平成26年度から初年次教育科目「自主創造の基礎」を全学的に開講し、平成29年度からは同授業において、16学部?短期大学部の学生が混在してグループワークを行う「日本大学ワールド?カフェ」を実施しています。
1万2千を超える学生が様々な学部の学生との交流を通じて、学びのモチベーションを高めるとともに視野を広げます。学生からの「他の学部の学生と交流したい」というニーズに応え、参加した学生のアンケートからも高い評価を得ています。
ワールド?カフェの様子
ワールド?カフェの様子
ワールド?カフェの様子

「日本大学ワールド?カフェ」とは!?

「自主創造の基礎2」の授業の一環として行われる日本大学ワールド?カフェは、約1万6千人の1年生が文系、理系、医療系の学問の垣根を越えて考え方や価値観を共有し、交流を持つことができる、本学ならではのスケールメリットを生かした授業です。
全学部共通の初年次教育科目「自主創造の基礎1」では、レポート作成やグループワーク?プレゼンテーション方法等、大学生としての能動的な学修方法を学び、「自主創造の基礎2」では多様な価値観や考え方に触れるとともに、チームワークを磨くことを目的としています。
 

日本大学ワールド?カフェの紹介(動画)

令和元年度日本大学ワールド?カフェ(動画)

ワールド?カフェとは!?

会議室で日々繰り返される機能的な会議よりも「カフェ」のような空間でのオープンで自由な会話を通してこそ、活き活きとした意見の交換や、新たな発想の誕生が期待できる、という考え方に基づいた話し合いの手法です。