日本大学

Language
文字サイズ:

TOP

研究?社会連携

最先端?次世代研究開発支援プロジェクト

我が国の持つ強みを生かした持続的な成長を図るためのプロジェクト

プロジェクトの特徴

  1. 我が国の科学?技術の発展を強力に推進するためには、将来の活躍が期待される若手研究者、女性研究者又は地域の研究機関等で活動する研究者の潜在的な人材力の発揮が不可欠であることから、
  1. 自己の責任において主体的に研究を進めることが可能な若手研究者又は女性研究者を対象とするとともに、
  2. 支援の対象となる研究者?研究課題の決定にあたっては、研究者の性別並びに研究者及び研究内容の地域性が考慮されます。
  1. 我が国が持つ強みを活かした持続的な成長を図るため、
  • 新たな科学的?技術的知見の「発掘」
  • 多様な分野の科学的?技術的知見の「統合」によるブレークスルー技術の創出
  • 革新的技術の戦略的な推進
  • 研究開発成果の実利用?普及のための社会システムの転換、
によるグリーン?イノベーション又はライフ?イノベーションを推進します。
この中では、新たな科学?技術を創造する基礎研究から出口を見据えた研究開発まで、人文?社会科学的側面からの取組を含め、挑戦的な研究課題が幅広く対象となります。

グリーン?イノベーションとして2、398件、ライフ?イノベーションとして3、220件が申請され、グリーン?イノベーション採択141件(採択率5.9%)、ライフ?イノベーション採択188件(採択率5.8%)が採択されました。
 本学からは、2件の課題が採択され、世界をリードする最先端の研究成果を目指し、日々研究が進められています。
(本学の採択課題)
児玉大輔 工学部准教授
平田典子(河野典子) 理工学部教授