日本大学

Language
文字サイズ:

TOP

留学?国際交流

ウェストアラバマ大学 Yui Suetsuguさん(文理学部)

2019年4月6日

昨年八月から始まったアメリカでの留学も残すところ一か月となりました。自分ではもうそんなに時が過ぎたという実感はないのですが、つい先日帰国便を確定し、ようやっと実感がわいてきました。最近では、持ってきた日本食とこちらで買った食材とを睨めっこをしながらあと一か月の間にどうにか消費しようと工夫しています。

生活状況

コカコーラはアメリカの成長とともに発展した、国民的な飲み物です。

今月はスプリングブレイク(ウェストアラバマ大学では3月23日から3月31日)があったこともあり、他の場所を訪れる機会がありました。一つ目は、アトランタに行ったことです。三月の初旬に友達に誘われアメリカ南部最大の都市といわれるジョージア州アトランタに行きました。アトランタにはコカ?コーラ、デルタ航空、CNNテレビ局といった大企業が本社を置くほか、様々な企業が集まっており、商業の中心地を担っています。交通量がすごく多く、特に私達が行った金曜日の夜は町から郊外に向かう車の列がずらりと連なっていました。観光地も沢山ありますが、私達はその中でコカ?コーラ博物館とCNNテレビ局に行きました。コカ?コーラ博物館では今ではアメリカのアイコニックともなっているドリンクの歴史や世界への普及具合の展示がありました。展示品を見る前にガイドさんによる簡単なお話があり、その中で「アメリカ国外から来た人?」と聞かれ、私は思わず手を挙げ、「日本から来ました」と答えたのですが、こういった大勢の中でわざわざ発言することなんて留学に来る前は絶対になかったなと自分に驚きました。目立つことに何の恥ずかしさも感じない、自分の意見を言うことに何のためらいを持たないアメリカの国民性が一年いることで自分にも浸透したのかもしれません。その後のCNNテレビ局は私が頼んで行きたいといった場所でした。その理由は留学に行く前にCNNのスチューデントニュースを英語力向上のために毎日欠かさず見ていたからです。このニュースは世界中の出来事を一日10分でまとめてあり、しかも生徒用なため英語が比較的わかりやすいと思います。なかなか英語に触れられない人、ニュースに興味がある人におすすめです。中の展示品は企業秘密が沢山ありツアーも一般的なものでしたがあの毎日見ていたニュースが作られている場所に自分が今実際に来ているというのはとても考え深いものでした。二つ目はハワイに行ったことです。春休みを使い一週間ハワイに滞在しました。ハワイに来て感じたことは、ハワイはアメリカ州の中でも全く他の州と違うということです。春休み期間ということで日本人観光客がとても多く、現地の人たちも観光客にとても慣れている様子でした。特に私が今いるアラバマ州は日本人が少ないのでアメリカにいるのに日本語が町に飛び交う様子はとても新鮮でした。滞在中は気候がとてもよく、ダイアモンドヘッドに登ったり海に入ったりすることができました。日本から来てくれた友達と久しぶりの再会を楽しみました。今では当たり前となっていますが、アメリカ式の会計の仕方やアメリカ版タクシーのウーバーに慣れている様子に留学行って成長したと思ってくれたので、自分では中々普段感じませんが久しぶりに会うことで実感できてよかったと思います。一週間もの長い期間、普段の勉強や自分で何でもやらなきゃという使命感を忘れさせてくれた友達に感謝しています。

沢山の展示物があり、アミューズメントパークのようでした。世界中のコーラの飲み比べができるコーナーがおすすめです!
CNN建物内部の様子。ツアーに参加し、見学しました。
ダイアモンドヘッドから見るハワイの朝焼け。
ワイキキビーチ

学習状況

この一か月はファイナル前のペーパーの提出が重なっており、とても忙しい日々が続いています。特に日々取り組んでいるものは第二言語としての英語クラス(以下ESL)のペーパーです。このペーパーは8から10ページと今までに書いたこともない量に加え、クラス評価の大部分を占めており、まさに一年の集大成になると言えると思います。ESLのクラスでは中国人の子たちがクラスメイトなのですが、みんなアメリカの大学院進学を目指しており、GPA4?0、IELTS6?5もいるようなとても勉強熱心な子たちです。普段から勉強を欠かさない気持ちに感化され、みなと一緒に全員でこのESLクラスをパスするという気持ちで日々取り組んでいます。あと一か月後にやり切ったという気持ちでUWAを旅立っていけるように残り一か月間最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。
ESLの先生とクラスメイト達と。無事にクラスが終わった後の達成感でみんな笑顔です。
次に来るインターナショナルスチューデントの為の買い出し。沢山の人達が次に来る留学生を心待ちにしています!

2019年3月6日

ここ最近のアラバマ州は、トルネードが度々起こっています。日本でもニュースになったそうですが、アラバマ州東部で23人の死者が犠牲になる程の被害をもたらしました。私の友人の家族も、ご家族は無事でしたが、家が破壊される被害に遭われたそうです。ウェストアラバマ大学のあるリビングストンは、被害は全くなく、特に避難指示などもありませんでした。地形によって被害の大きさが変わるそうですが、この地域は山の上の方に位置するため、また、建物が頑丈に作られているため、早々被害にあうことはないそうです。最初はとても驚きましたが、トルネードはアメリカ南部特有のこの時期ではあまり珍しくない気象だそうです。

生活状況

学校内にあるジム

ここ最近の寒さにより身体を崩さないように、また、アメリカの食生活により身体が鈍らないように、意識して運動をするようにしています。ウェストアラバマ大学はアスリート向けのトレーニングジムと誰でも入れるジムがあります。このジムでは、生徒はIDをかざすと無料で利用することができます。中はとても広く清潔感のあり、ランニングマシーンや色々な部位を鍛えるための機械、ヨガやストレッチができるトレーニングルームがあります。週に3回ほど一時間程度しています。日々決まった時間に運動をしていると、同じ時間に運動しているメンバーも決まってきており、またこの人も運動しているなと思うことがよくあります。この前はその中の1人に話しかけてもらい、ジム友達になることができました。マシーンの使い方を教えてもらったり、効果的なストレッチを教えあったりとお互いのモチベーションを高めあっています。定期的な運動は勉強の疲れもリフレッシュすることができ、良い習慣なので日本に帰るまで続けていきたいと思います。

2月はバレンタインがありました。前々から、ルームメイトとこのイベントを楽しみにしており部屋をかわいいデコレーションで飾り、みんなでブラウニーやクッキーやプレッツェルのチョコレートがけを作って準備をしました。当日は私とルームメイト達の部屋で友達を招きパーティーをしました。また、ルームメイトの1人がディナーを作ってくれたり、みんなで写真を撮った
りととても楽しいバレンタインになりました。日本のバレンタインは女子が好きな男子にチョコレートを渡すというものですが、アメリカでは男子が女子にバラやクッキーを渡すそうです。また物は何も渡さず、バレンタインはデートに誘う日だよという人もいました。
バレンタインデーの様子

タスカルーサにある本屋で見つけた日本の漫画

週末を使い、近くの大きな街タスカルーサに行きました。タスカルーサには月に1度、インターナショナルプログラムが日程を組み、連れて行ってくれますが、時間や行く場所が限られているので、今回は友達と行ったこともあり、ゆっくりと見てまわることができました。リビングストンにはないクリスピークリームドーナツや日本レストランでのおすしを満喫し、本屋に行きました。魅力的に見える本が沢山あるなか、日本の漫画コーナーを見つけました。日本の漫画はとても人気だそうで、数多く翻訳版があるそうです。ただ、大きく違うのは値段です。日本の漫画は1冊400円程度で買えますが、こちらは1冊12ドルととても高く驚きました。アメリカでは全般的に本が高いのと、日本語から英語へと翻訳する際にコストがかかってしまうのかなと思います。そのため、多くの現地の人は手軽に見られるアニメでみるそうです。

ホットポットパーティー

最後に、同じクラスをとっている中国人の友達たちとホットポットパーティーをしました。材料をアジアスーパーまでわざわざ買いに行き、鍋などの道具も一式準備してくれ、本場のソースの作り方や具材を使い作りました。ホットポットはいくらでも食べることができる!という言葉通り、みんなでお腹はちきれる食べ、本場のホットポットはとても美味しかったです。パーティー中には大人数でできるゲームを教えてもらいパーティーは大盛況でした。この時期はみんなテストやレポートがあったので、名残おしつつも、また開催することを約束し解散しました。気がつ
くともう3月なように、時がすぎるのが本当に早く感じるので、楽しくすごせていけたらなと思います。

学習状況

新学期が始まり、2か月経ち、中間試験の時期になりました。すべての教科でレポートの提出や試験が課され、忙しくなっています。 ESLのクラスでは今学期はアナリティクスペーパーを書いています。自分の興味のあるトピックを選び、それについて5~6ページのレポートを書きます。基本的な引用の仕方や考察の書き方は前学期に習ったアーギュメントペーパーと同じですが、構成は大きく違い、最初はうまく書くことができませんでした。しかし、教授への質問や、クラス後の自己復習により、書き方を習得することができました。後半には完全な個人ペーパーが待っているので、そしてそれらは英語での論文の書き方に直結すると思うので、しっかりと習得して帰ってきたいです。 ポピュラーカルチャーの授業では、小説の映画化にした際に起こる違いについて学んでいると以前書きましたが、イアンマキュアーンの贖罪という本でレポートを書き、提出しました。映画の分析ということで、日本にいる際にもやったことがなく、とても時間がかかり、最初のペーパーは十分なものではありませんでした。しかし、教授がなんども添削をしてくださり、文法的な間違いも直し、考察に深みがでて最終的には自分でとても満足するペーパーになりました。教授はとても丁寧に添削をしてくれ、また、いつでもウェルカムというようにおっしゃってくれたので、間違いを恐れずに、またそこで指摘されたものは身につけようという気持ちで取り組むことができました。 まだテストやレポートがのこっている授業があるので、引き続き頑張ろうと思います。

2019年2月6日

新学期が始まり、早くも一か月が経ちました。朝晩は日本と同じように寒いですが、昼間になると日差しが強くコートがいらないほど暖かくなったりと、ここならではの気候を日々感じています。また先日は、雪予報がでて学校が休校になりました。実際に雪はほとんど降りませんでしたが、アラバマ州は道路の雪を除去する設備がないということで、キャンパス外から車で来る生徒を考慮して休校にするそうです。

生活状況

今学期になってからはカフェテリアだけでなく、時間があるときには部屋にあるキッチンを使い自炊をするようになりました。料理は日本でいる時でさえあまりしなかったので最初はなかなかアメリカ式のキッチンや食材の大きさに慣れませんでしたが、数をこなしていくうちに段々と上達していき、定番の日本料理であるカレーライスや唐揚げを作れるようになりました。近くに日本食レストランがないため、久しぶりの、しかも手料理の日本食は味が忘れられないほどおいしかったです。友達が料理をした際には私も一緒に食べさせてもらうことが多々あるので、そのお返しを込め、もう一人の日本人の子と一緒に料理を作り、日本食をふるまいました。現地の子たちには、アメリカで人気の日本料理照り焼きチキンを、台湾人の子たちには、中華風スープをつくってもてなしました。ほとんどのものはおいしいと好評でしたが、たった一つだけ現地の子たちが食べられなかったものがありました。それは豆腐です。スープの中に絹豆腐を入れたのですが、その子たちにとってはスポンジみたいだそうです。今まで豆腐に関して何も考えずに食べていたので、言われてみればそうだな、とカルチャーギャップを感じました。幸い、私の周りの人が新しい文化に挑戦することに積極的なので、機会がある際には私も積極的に日本の食文化をはじめとする日本の様々な文化を教えていきたいと思います。
ルームメイト達を招いての日本食ディナー
また、週末にかけ、ルームメイトの家に泊まらせてもらいました。沢山のペット達と戯れたり、家の近所にある映画館やボーリング場に連れて行ってもらいました。どれも普段リビングストンいるとなかなかできないことなので特別感がありました。週末に一度学校から離れるというのは今までしたことがありませんでしたが、とてもリフレッシュできました。
ボーリング場にて
アメリカの町の映画館
最後になりますが、今月の私にとって最大のイベントはSpring Festivalでした。中国では旧暦を使うため、お正月を1月1日ではなく2月の初旬に祝います。ウェストアラバマ大学には中国からの留学生が多数いるため、みんなでご飯を食べたり有志の人が集まりパフォーマンスをしてお祝いする行事があります。私は、今回友達に誘われ、三人でダンスパフォーマンスをすることになりました。私はダンスの経験があまりなく、まして今回は中国の音楽を使っての踊りのため、最初は全然踊ることができませんでした。約一か月もの間、授業外に時間を見つけ練習を重ねていきました。本番当日は100人以上のお客さんが来てくれ、想像以上の人数だったため緊張しましたが、無事にしっかり踊れてよかったなと思いました。
Spring festival でのダンスパフォーマンス

学習状況

今学期、私は四つのクラス、計十二単位を受講しています。
一つ目はシェイクスピアの授業です。この授業では一学期を通しシェイクスピアを十二作品読んでいきます。
シェイクスピアは難しいと先入観をもっていましたが、テーマは身近でリアルなものなのでとても親しみやすいなと感じはじめています。例えば、シェイクスピアのコメディーでは最後が愛で終わるというものなのですが、みんながみんなハッピーエンドで終わるわけではなく、必ず一人は財産を没収されたり処刑されたりととても現実的です。また愛(Love)は、その対義語は嫌い(Hate)ではなく、だれにも愛を与えないという意味で自尊心(Pride)になるのですが、シェイクスピア作品の中の愛されないキャラクターは、私利私欲に走る、人に興味を持たないといった特徴があり、自分の人生も気を付けなくてはいけないな、ととても考えさせられます。一週間で一作品を読み、毎週クイズがある大変な授業ですが、一番面白い授業でもあります。
二つ目の授業は、ポピュラーカルチャーという授業です。この授業では小説を映画にした際にどうしても生まれてしまう上手く適応できない部分を探し分析します。まず宿題として物語を小説で読み、その後授業内で映画をみます。小説でしか表せないようなことを映画にする上でどのように表現しているのか見ていくのは面白いです。また、1950 年代の映画のタブーはアルコール中毒とホモセクシュアルだったなどの歴史と絡んだことも学んでいるので、今までとは違った面で映画を見ることができるようになりそうです。
三つ目と四つ目の授業はイギリス文学史2とESL103 という前学期から続けて取っている授業です。授業形式などは特に変わりませんが、イギリス文学史2では卒業論文の範囲をカバーしている教科なので一度習ったところですが、特に集中して取り組みたいと思います。
ポピュラーカルチャーの授業
授業前にチョコを配るくらい気さくな教授です。

2019年1月10日

生活状況

学期末テストが終わり、4人の交換留学生がプログラムを終了、1人の正規留学生が12月で卒業し、それぞれの国へ帰っていきました。別れを惜しみながらも、新たに会える仲間を楽しみに春学期も過ごしていきたいと思います。 半期で留学が終わってしまう留学生のうちの一人、フランス人の女の子とマイアミに5日間滞在しました。マイアミは世界有数のバケーション地ということもあり、気候がとてもよく、日常の疲れを癒してくれました。マイアミビーチでは世界各国から集まったアーティストの展示会が行われており、刺激的な美術作品と触れ合いました。この催事は期間限定ということで、運よく訪れることができてとても良い経験になりました。展示会に訪れていた人々はみな独自のセンスを持っており、とてもお洒落で今まで訪れたどこの州とも違った雰囲気でした。マイアミではアートの他にも自然にも触れあいました。アメリカ最南端の島キーウェストでは、移動中のバスの中からカリブ海を見ることができました。ビーチ近くの建物はメキシコの文化も混ざっており、そこに住んでいる人たちの陽気で楽しい様子が映し出されているようでした。また、ツアーに申し込み、ワニやヘビを見に行きました。当然柵はありましたが、あくまでも自然保護の目的での管理なので動物たちはとても活き活きしており、迫力溢れるものでした。違う国で育った友達と旅をするというのはとても新鮮味があり面白いものです。お互い色々な異なる価値観を持っており、5日間の旅の中で両者共にやりたいこと、食べたいことを模索していきました。その際お互いの共通言語である英語でやり取りをしたので、私の使える英語の幅も広がったと思います。旅を通し、フランス人の子との仲が深まりました。特に日本の圧力靴下や化粧品に興味をもってくれ、それらをフランスに送る約束、また別れる際にはお互いの国をお互いが訪れる約束をしました。また会えることを期待したいです。
展示会での様子
フランス人の女の子と
アメリカの最南端
その後、シカゴに1週間滞在しました。シカゴはとても大きな都市で、電車が通っているようにどこか東京に似ており、懐かしい気持ちになりました。ミレニアムパークでのシカゴビーンやシカゴ美術館など一通り観光した後、同年代のオーストラリアから観光にきていた子とその友達のアイルランド人とインターン中のテキサス出身の子と仲良くなり、4人でアイススケートや買い物、シカゴ名物のディープピザを楽しみました。何日間か滞在してみてわかったことは、友達に国境など関係ないということです。みな他の文化を体験することにとても意欲的で、シカゴの日本料理屋で国籍がバラバラの4人がお箸を使ってラーメンを食べる光景はなかなか面白いものでした。その他にも、メキシカン、フレンチ、中華料理、エチオピア料理など世界各国の食事を楽しみました。アクセントもそれぞれ個性的で、特にアイルランドのアクセントは私にはまったく馴染みのないものでした。“今何を言っているのかまったくわからなかったよ。”と正直にいうと、笑って言い直してくれたりと、ノンネイティブの私にも寛大に接してくれました。メジャーリーグ、“シカゴカブス”の試合をオフシーズンのため見れず、それが一つ心残りなので、またシカゴに来たいと思います。
街並み
シカゴで出来た友達
そして、アラバマに戻り、学校が始まる前までの3週間、寮のルームメイトの家にホームステイをさせてもらいました。このホームステイを通し、私は様々な初めてのことを体験しました。1つ目はアメリカの本場のクリスマスです。ジンジャーブレッドハウスを組み立てたり、家族?友達が集まってクリスマスムービーをみたりとまるで物語に出てきそうなクリスマスでした。クリスマス当日と翌日はルームメイトの祖父母と親戚の家に行きみんなで御馳走を食べながら団欒をして過ごしました。みなとても優しく、クリスマスプレゼントを私の分まで用意をして歓迎してくれました。
2つ目はテネシー州のナッシュビルに行ったことです。この町は音楽の町として有名で、多くのカントリーミュージックを生み出しました。多くのレコード会社があり、しかしその多くが大きい建物ではなく小さな一軒家だったことがとても印象的でした。ナッシュビルのハリウッドエリアでは、バンドによるカントリーソングを聞きながら夕食を食べたり、ショッピングをしました。ブーツを売っているお店が多く、店内に入るとカウボーイ、カウガールをイメージした商品が沢山あり、南部らしさを感じました。
音楽の街
ズラリと並んだブーツ

パンチ

またこのホームステイ中に私は色々なことを教えてもらいました。積極的にお手伝いをする中で、多くの南部特有の家庭料理を教えてもらいました。フライドチキンとマカロニチーズ、そしてスウィートティーはみんなが大好きな鉄板料理です。クリスマスということでスイーツも作りました。チョコレートラザニア、バナナプディング、アップルダンプリンと作る中で私が特に印象に残ったのはパンチというクリスマスに飲むジュースです。ライム味のシャーベットにセブンアップという炭酸飲料を混ぜるだけなのですが、きれいな色と飲みやすい味に病みつきになってしまい、罪悪感に苛まれながらも3杯も飲んでしまいました。

アラバマの首都、バーミングハムに観光に行った際にはこの都市の歴史にも触れました。バーミングハムは鉄鋼業が昔栄えており、魔法のように短期間で発達したことから“マジカルシティー”と呼ばれているそうです。また、ある地域では国からお金をもらい生活している人達が集まっているそうで、ここでは犯罪が絶えないんだよと教えてもらいました。そして黒人のための教会、白人のための教会が現在でも残っているそうです。 この冬休み中に見たこと、聞いたこと、知ったこと、経験したこと、またそれらを通し感じたこと一つ一つが私にとって忘れることのできない大切な思い出で、一生の財産になりました。新学期ではまた気持ちを切り替え、残りの半期間を悔いのないように過ごしていきたいと思います。

2018年12月6日

つい先日始まったと思った秋学期も、残すところあと1日になりました。学期末試験が終わり、1か月の休みに向け、また半期で帰国するインターナショナルスチューデント達とは最後の時間を惜しみながら過ごしています。アラバマの気候は17度まであがる暖かい週があったり氷点下を下回る寒い週があったりと寒暖差が激しいです。体調管理をしっかりとしながら学期末試験で崩れてしまった生活リズムを取り戻したいと思います。

生活状況

ボストンキャリアフォーラム

11月を振り返ってみると、ただただ時が過ぎるのが早かったなと感じます。学校外のイベントが充実していました。11月9日から11日にかけ、ボストンキャリアフォーラムに行きました。日本からは企業が200社以上も参加しており、また外資系企業も沢山参加しているので日本で就活ができない留学生はこのフォーラムを活用するのがおすすめです。事前に応募していた面接を受けるだけではなくウォークインシステムを使い新たな企業との出会いがあったので良かったなと思います。また、正規留学や最低1年の交換留学でないと申し込めない、など条件があるので前もって確認しておいた方がいいです。会場内には何千人もの日本人がおり、日本人同士でも英語で話しているのに圧巻しました。上には上がいるという就活の厳しさを知るいい機会になりました。ハードなスケジュールによってボストン観光ができなかったのは心残りです。ウェストアラバマ大学は空港からのアクセスが大変悪く、車で2時間かかります。長期休みの前は送迎を設けてくれますが、こういった個人的に用事がある場合は、自分でアドバイザーに話し、送迎を頼まなくてはいけません。私は、留学開始前にアドバイザーにボストンキャリアフォーラムのことを話し、送迎を頼みました。車を持っている友達に送迎を頼むなど、事前に準備が必要だと思いました。また、飛行機にチケットや特にホテルの予約は早めにやっておかないと満室になってしまいます。日本からスーツや履歴書や写真を持参し、また事前に企業にエントリーし、課題をやるなどやらなくてはいけないことがとにかく沢山あったのを覚えています。ボストンキャリアフォーラムに行ったことがある人に話を聞くといいと思います。

Thanksgiving旅行のディズニーにて

アメリカの文化的な祝日のThanksGivingの休みには、日本人の友達と一緒にフロリダのオーランドに行きました。UWAには感謝祭の休みが1週間あります。オーランドはディズニーワールドやユニバーサルスタジオやアクアパークなどテーマパークが集まっている場所でAirbnbに1週間丸々滞在しました。日本からだとなかなか行けない場所なので、貴重な経験をしました。ディズニーのマジックキングダムに行った日はたまたまミッキーマウスの誕生日で、素敵な缶バッチをもらいました。またアニマルキングダムという場所では、動物が沢山おり、日本のディズニーとは違った雰囲気を楽しみました。ユニバーサルスタジオでは現地の学生と仲良くなり、おすすめスポットを教えてもらいました。おいしい日本食や韓国料理も食べられたので嬉しかったです。また、英語に不自由を感じることなく旅行を終えられたので、自分の英語力の成長を感じました。英語を使う環境にいるおかげで、何も考えずに誰かに質問できたり、サラリと日々のコミュニケーションを取れたりできるようになりました。現地のバスを使ったりUberを使ったりと、アメリカ国内を旅行するのは慣れてきました。学内にいるだけでは使わないような会話もできたので良かったと思います。留学生の中には寮にとどまっている人もいましたが、食堂は閉まり、現地の生徒はみんな帰り暇になってしまうので、どこか旅行に行くことをお勧めします。フロリダの暖かい気候によってテストやレポートに追われていた日々の疲れがリフレッシュできました。

最終週にインターナショナルプログラム主催で謝恩会を行いました。今学期はフランス3人、ドイツ1人、日本2人、オーストラリア1人、イギリス2人の人たちがUWAの交換留学生として学びました。またそれに加え、正規留学生のスペイン人とネパール人が集まりました。半期でいなくなる留学生が多く、みんなで別れを惜しみました。ニューオーリンズの旅行に始まり、パーティーやバレーボール大会、日々のカフェテリアでのランチなど、私のUWAライフに濃くかかわってきてくれた人たちなので、離れてしまうのはとてもさみしいです。また会える日を楽しみにしながらそれぞれの国で頑張ろうと思います。
謝恩会 インターナショナルステューデントと共に
謝恩会 賞状

学習状況

ファイナル中は学校からドーナツとコーヒーの差し入れがありました!

11月は学期末試験や最後のレポートで追われていました。英語を第2言語としている生徒達がとるESLのクラスでは、4ページのテクノロジーについてレポートを書きそれを元にプレゼンテーションを行いました。最新医療やロボットの分野で、英語で書かれた日本の論文を引用する生徒が多くとても誇らしくなりました。プレゼンテーションは緊張しましたが、しっかりとでき、よかったです。Adavanced Composition では今学期合わせ6つのレポートと提出しました。この授業では、どのようにレポートを書くかということを書くレポートごとにステップアップをしながら学んでいきます。また、自分でテーマを決め、エッセイを書き上げた後、授業内で読み上げ、クラスメイトとシェアをします。今学期中にわたしはこのクラスで自分のエ
ッセイを読み上げることを目標としていました。そしてとうとう目標を達成しました。少人数のクラスといえども、アメリカ人の前で自分のレポートを読むのは緊張してしまいました。伝わるよう、大きな声で読んだ結果、クラスメイトから、よかったよ、とコメントをもらうことができました。自分にとてもためになる経験だったので、挑戦してよかったです。アメリカ文学とイギリス文学ではファイナルエグザムがありました。中間テストと一緒の形式だということを前もって知らされていたので、事前にしっかりと勉強し望むことができました。それぞれ2時間ずつのテストでしたが、無事時間内に終らせることができました。テストが無事に終わりよかったです。

2018年11月6日

アメリカでのサマータイムが終わり、時刻が一時間遅くなると共に、気温も下がり着々と季節が冬に向かっています。アメリカに着いて早くも三か月が経ちました。

生活状況

在バーミングハム名誉領事マーク?ジャクソン氏

インターナショナルプログラム主催で日本語教室を開催しました。日本の代表的なお菓子と共に、日本で使えそうな簡単な日常会話をリストにし、意味と発音、どのような場面で使うのかということを説明しました。将来日本の会社で就職したい人、また日本への留学をしてみたい人が十数名集まってくれました。また、アラバマ州の在バーミングハム名誉領事マーク?ジャクソン氏も来ていただき、日本の魅力について話していました。アラバマ州には60人しか日本人がいないそうです。また、マーク氏にはなにか困ったことがあればいつでも相談に乗ると言っていただき大変心強かったです。大勢の前で自分の文化をアピールするのは難しく、緊張しましたが、参加してくれた人達がみんな積極的で“いつか日本に行きたい!” ”日本の文化って本当にクールだよね!”と言ってくれ、やってよかったなと思いました。このようなイベントに積極的に参加していきたいです。

アラバマ大学 フットボールの試合

勉強に忙しい毎日ですが、色々なアクティビティに参加しています。ウェストアラバマ大学の学校街には映画館があり、小さいシアターですが毎週ごとに映画が変わり生徒は無料で見ることができます。アメリカで作られた映画は他の国よりも早く見られるので嬉しいです。 また、全米1位のアラバマ大学のフットボールの試合をタスカル-サという町に見に行きました。
アラバマ州にはプロフェッショナルのチームがなく、大学のフットボールを町全体で応援します。
アラバマ大学のフットボールスタジアムはアメリカ全体で5番目に入るほど大きいそうです。”Roll Tide”や"Dixieland Delight"といった応援を教えてもらい、試合を観戦しました。
さらに、留学生で近くの大きな公園に行き、1日のショートトリップをしました。ウェストアラバマ大学だけではなく、アラバマ州のいくつかの大学やコミュニティカレッジが集まり、クロッケーやバドミントンのスポーツをしたり、地元の野菜やチーズやはちみつの屋台を回りました。
普段大学の外で友達ができる機会がないので、新しい友達もでき、楽しかったです。

留学生のショートトリップ
留学生のショートトリップ:昔ながらの製法による鉄加工

学習状況

12 月のファイナルに向け、毎週のように、クイズやペーパーの提出があります。私だけではなく、大学全体の生徒がテストに追われているように感じます。リサーチペーパーでは書くために十数個の論文や記事を読む必要があります。論文を読み、情報を収集し、テーマを整理し、自分の言葉で書くのはとても時間がかかりました。効率よく、さらに文法のミスも留学終了までになくせるように頑張りたいと思います。
イギリス文学の授業では、ルネサンスの時代を勉強しています。この時代は沢山の詩の中でキリスト教の概念を問い、理念や理想を追求しています。あまり、キリスト教の基礎知識がない状態だったので詩の世界感を理解するのが大変です。
お気に入りの勉強スポットは図書館です。図書館内で勉強していると、他の人が勉強しているのも見え、刺激になります。こちらの図書館の面白い所は、飲食が可能なこと、また静かにしなくてもいいというところです。図書館内でハンバーガーを食べている人を最初に見たときは驚きました。
あまり無理はしないようにしつつも、しっかりと勉学に励んでいきたいと思います。この一か月は特にファイナルテストに向け、邁進していきたいとおもいます。

2018年10月8日

10月になりアラバマ州にも秋の気配が近づいてきました。日中は30度を超えまだまだ半袖で過ごしていますが、朝晩は涼しくなり校内では金木犀の香りを感じます。

生活状況

自分の生活ペースを掴むことができ、こちらに大分慣れてきました。現地の友達も増え、道やカフェテリアで会うと、How are you, Yui? と声をかけてくれます。話しかける友達が増えると毎日がさらに楽しくなってきました。こちらからも積極的に声をかけて仲良くなろうと思います。 学生は一日の大半を寮で過ごします。特に留学生は週末に実家に帰れないため、寮が大事な場所になっています。UWAには全部で6種類の寮があります。私が住んでいるのはフーバーという寮です。一部屋に4人共用のリビングとキッチンがあり、お風呂トイレ洗面所は2人ずつの共用、そしてそれぞれの個室があります。
いくら英語力を伸ばそうと思っていても、誰かとずっと一緒にいるのは疲れてしまうため、寝る場所や勉強する場所は個室があるのがおすすめです。フーバーの寮は、新入生は住めない、GPAが3.0以上という条件があります。学校のことをよく知ってる上級生とルームメイトになれるのはフーバーのいい点だと思います。反対にあまりオススメしないのはセルデンという寮です。一部屋に2段ベッドと勉強机があり、お風呂とトイレはフロア共用になってます。映画に出てくるようなザ•アメリカの寮ですが、プライバシーや清潔感を大事にする日本人には合わないかなと思います。

アクティビティ

9月は普段の生活に加え、新しいアクティビティにも挑戦してみました。日本でお月見にあたるMoon Festivalで、茶道についてプレゼンテーションをしました。
日本で茶道研究会というサークルに所属しているため、海外で日本の文化の一つである茶道をパフォーマンスするのは夢でした。当日は50人以上の人達がブースを囲んでくれ、茶道の所作や意味を実演しながら英語で説明しました。その後、どのように抹茶を点てるのか、抹茶はどんな味がするのかを体験してもらいました。リビングストンと茶道の夢のコラボです!
日本に馴染みのない人達に日本のことを少しでも伝えられたのは良い経験だと思いました。大勢の前で堂々と日本の大好きな茶道を伝えられたのは私にとっても得たものは大きかったです。10月はカジュアルな日本語教室を開催しようと計画を立てています。基本的な日常会話やそれに伴うお辞儀の文化を楽しく伝えられたら良いと思います。

UWAでは、アメリカの文化を吸収するだけでなく、インターナショナルスチューデントそれぞ
れの国の文化をとても尊重してくれます。他人と違うことを嫌だとは思わず、むしろCoolなこととして受け止められるのはこの学校の校風が教えてくれました。また、今月はインターナショナルスチューデント対ローカルスチューデントのバレーボール大会があります。大会に向け、皆で練習に励んでいます。あと2ヶ月で帰国してしまう友達がいるので、残りの時間も一瞬一瞬大切に過ごそうと思います。

学習状況

新学期から2ヶ月が経ち、10月の初旬はミッドタームエグザムの時期です。週にレポートが3本、テストが4つとハードな週を過ごしました。日々の復習をコツコツとすることがやはり大事だなと思いました。アメリカのテストは一夜漬けなど到底無理です! アメリカに来て特に印象的だったのはテスト前に生徒が焦っていないことです。日本だとテスト直前まで教科書と、にらめっこということが多いと思いますが、アメリカの生徒はテスト前でも友達と話したり、携帯をしたりとあくまでも勉強は家でするという姿勢でした。もっとも大事な12月の期末テストに向け、良い経験になったかなと思います。テストもレポートもやることはやったのでドキドキしながら結果を待ちたいと思います。

2018年9月5日

生活状況

現地に着き、早一か月が経とうとしています。月曜日から金曜日まで授業に行き、土曜日と日曜日は課題をやったり近くの都市まで買い物に行くという生活スタイルです。食事は1日3回アクセスできる、ALL Acsess Planというミールプランに申し込んだのでカフェテリアで取っています。UWAは校内全体で600エーカーもあり、自然豊かで美しい田舎ののんびりとしたキャンパスです。

ウェストアラバマ大学校内の様子

8月の平均気温は33度とカラッとした、日差しが強い気候です。時々スコールのような雨がザーッとふりますが、直ぐに止み晴れ間がひろがります。10月位まではこの気温が続くようです。
 
学校内には、寮や授業を受ける建物やカフェテリアのほかにも、ジム、プール、図書館、フットボールスタジアム、体育館、24時間空いている勉強スペース、インターナショナルプログラム生徒が使える家があります。私のアドバイザーである、Ms.Connie はInternational Program HouseにOfficeがあり、困ったことや何か相談があると、すぐに助けてもらえます。その他にもテレビゲームやキッチンがあり、自由に使えるようになっています。Internationalのプログラムでは数々のイベントを展開しています。近くのおいしいハンバーガー屋さんに行ったり、プールでみんなでパーティーをしたりと、とてもリフレッシュになります。8月30日は私の21歳の誕生日だったのですが、この家でインターナショナル生徒がお祝いしてくれ、とても素敵な誕生日になりました。

誕生日の様子

9月からはFootball seasonが始まりました。UWAはFootballが強く生で見る試合はとても感動しました。ここから2月まで続くFootball gameは私の生きがいになりそうです。
寮はアメリカ人3人とのシェアルームです。プライベートな部屋があり、リビングルームとキッチンは4人で共有、トイレお風呂洗面所は2人で共有しています。ルームメイトはとても素敵な人たちで、明るく気さくで優しくて、この人達と英語でスムーズに会話できるようになりたいというのが私の今の英語のモチベーションになっています。この前はLivyという橋な落書きがOKな橋に連れて行ってもらい、自分の名前をAlabamaに残してきました。また、誕生日にはルームメイト達がブラウニーなどの料理を作ってくれ部屋で夕飯を食べました。とても田舎な環境なので、車がないと、なかなかキャンパス外に出れないのですが、ルームメイトが気軽に誘ってくれ、キャンパスから連れ出してくれるのでとても助かっています。

フットボールの試合の様子
8月31日から9月3日にかけ、インターナショナルスチューデント9人でNew Orleansに旅行をしてきました。自分たちで計画を立て、キャンパス内では中々経験できないことをできたと思います。フランスの植民地時代の面影が残るフレンチクオーターは圧巻でした。Labor Dayに合わせて行われるJazz Festivalでは、生のJazzを聞けとても嬉しかったです。みんなとても良い人なので本当に人に恵まれているなと実感します。日本からだとなかなかいけない場所なので貴重な経験でした。これからもアメリカのいろんな場所を行ってみたいです。

学習状況

毎日のように行われるクイズ

Fall term では、Advanced Composition, British Literature, American Literature, ESLの4科目12単位をとっています。そのうちの2科目の教授はかつて日本で生活をしていた教授で授業内で話を振ってくれたり、授業外で個別に添削していただいたりとても面倒をみていただいてます。日本の大学と違い、毎日小テスト、文学が専攻ということもあり、数十ページの大量のリーディング課題、毎週レポートと、毎日課題の量に押しつぶされるように生きています。授業も最初はわからず、発言もできず、泣きそうになりましたが、教授が最初は理解するだけでいいんだよという優しい言葉をかけてくださり、プレッシャーが軽減されました。各授業に友達を作り、わからないところはあとで友達に聞いています。この前は、一緒にテスト勉強をし、わからないところを教えてもらいました。必ず毎日授業に出席すること、提出物に遅れないこと、テストではしっかり答えを書くことを自分の中で決め、授業を完全に理解できなくても焦らないことにしました。この前のテストでは100点をとることができ、とても嬉しかったです。

今後、UWAの主催する、チュータリングシステムを利用し、学習の理解度をさらに深め、また授業内での発言も積極的にしていきたいです。
1か月無事に過ごせたことに安堵し、これからも邁進していきたいと思います。