TOP

学部?大学院

法学部

多様な分野でリーガルマインドを発揮できる人材を育成
三崎町キャンパスに授業を集中、更なる都市型キャンパスへ
5学科でカリキュラムを再編し新しいコース制を導入
※第一部(昼間部)における体育実技Iの授業(必修)については大宮キャンパスにて履修することがあります。

法学部は、法律、政治経済、新聞、経営法、公共政策といった、多彩な専門性を持った5学科により構成され、”法学”という高度な常識をベースに多様な専門教育が受けられます。
 

【法律学科】
法律は個人の生活のみならず、企業の活動や、地方自治体、行政の周りに網の目のように張り巡らされています。本学科は、社会の生理学と病理学を体系的に習得した、優れた企業人や公務員を育成します。
 

【政治経済学科】
激動する現代の政治?経済現象を分析し、独自の視点と判断力をもった人材の育成と、市民社会の一員として何事にも主体的に対応できる、自立した人材を育成します。
 

【新聞学科】
高度な学問研究を前提に、情報/メディアリテラシーの理論と実践を踏まえた、社会に有為なコミュニケーターを育成します。
 

【経営法学科】
大学で学ぶ学生には、社会ですぐに役立つ実践的教育が必要であり、それは社会人となった後も変わりません。本学科はビジネスとローを融合したカリキュラムを提供します。
 

【公共政策学科】
「新しい公共?領域で?課題の発見?認識能力を持ち?その対応策を立案?評価できる能力を身につけた公務員あるいは企業や諸団体等のリーダーとなる人材を育成します?