日本大学

Language
文字サイズ:

TOP

学部?大学院

生産工学研究科

高度な学びを通じ、専門的かつ学際的な技術者?研究者を養成
生産工学研究科のホームページ

時代が大きな転換期を迎えている今、技術者には、これまで以上に未来を切り開く豊かな創造力が求められています。そして近年の工学技術は目覚ましい速度で進歩?発展?高度化?学際化しており、技術者には幅広い視野と応用能力が要求されています。

このような技術の進化の時代において、より高度で創造する能力の開花を図るためには、大学院において継続して学び、研究活動に取り組むことが望まれています。とくに今日の産業界は、高度な知識と能力を備えたエキスパートを必要としており、企業は大学院で学んだ学生に大きな期待を寄せています。産業界の第一線に立ち、世界の技術革新に寄与するという意味でも、大学院への進学を奨励します。

現在、生産工学研究科は、博士前期課程(修士課程)2年と、さらに博士後期課程(博士課程)3年で構成され、学部における教育を基盤としながら、より高度で専門的な科目を学び、専攻分野における応用力、研究能力を高める場となっています。

大学院学生は授業を受けるだけでなく、指導教授と一緒に研究活動に励み、その成果を学会などで論文発表するなどの研究活動を行います。学部の卒業研究に真剣に取り組んだ多くの学生が、より深く研究に取り組みたいという希望をもち、大学院へ進学しています。


生産工学研究科ホームページ