日本大学

Language
文字サイズ:

TOP

留学?国際交流

オンライン海外研修(ニューカッスル大学)

募集要項:第2回オンライン海外研修(2022年8月開始)

研修先 ニューカッスル大学PALS学習支援センター(University of Newcastle, Pathways and Academic Learning Support Centre)
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州、ニューカッスル市
海外研修の流れ 1)オンラインプレイスメントテスト(60分)  ※PCで個別受験する英語力診断テスト

2) 事前研修 : 2022年7月30日(土) 10:00~15:00(予定)

3) 語学研修 : 2022年8月1日(月)~8月12日(金) 日本時間10:00~15:00 (予定) ※土日休み

4) 事後研修 : 2022年8月19日(金) 10:00~13:00(予定)
募集人数 40名 ※定員数に達し次第、締め切りとなります。
応募資格 学部生?大学院生?短期大学生   ※休学者は対象外となります
語学要件 TOEFL-ITP470点以上、英検準2級以上、TOEIC500点以上を基準とします。
※但し、プレイスメントテストの結果、受講に必要な語学力を満たさないと判断された場合、受講ができない可能性がある旨、ご了承ください。
募集期間 2022年5月30日(月)10:30頃 から 6月24日(金)まで
募集締切 2022年6月24日(金)17時必着
参加費用 48,000円 ※授業料の一部は日本大学が負担しています。
【注意】
※5月28日から6月8日は、第1回研修を受講していない学生が優先的に予約できるように配慮ください。 ※Webエントリー?入金?願書郵送(申込書?誓約書?学生書コピー)を完了して受付完了となります。 この受付締切りが2022年6月24日17時となり、6月24日を過ぎた場合は、受講不可となりますのでご注意ください。

3つの特徴

※詳細は、「募集要項(PDF)」をご参考ください。

1週間の流れ(例:初級プログラム)

  1日目:月曜 2日目:火曜 3日目:水曜 4日目:木曜 5日目:金曜
レッスン1
55分+5分休憩
Ready to Talk:
週ごとに発表されるテーマについて、ペアを組んで英語での発話練習を行う
例) Health and Wellbeing
Cooperative Learning:
グループで課題共有を図りながら協調?連携し英語討論スキルを強化する
Speed Conversation:
ネイティブ学生とペアを組みスピード英会話の練習をする
Cultural Exchange:
ニューカッスル大学の学生と豪州?日本の異文化交流を行う
Cooperative Learning:
グループで協調?連携を図りながら課題を共有し英語討論スキルを強化する
レッスン2
55分+5分休憩
Reading for Comprehension:
テーマに関する読解演習で基礎知識をインプットする
Video Listening for
Comprehension: テーマに関する英語動画を視聴し学んだ内容の理解を測る
Lecture:
関連テーマに関するニューカッスル大学付属語学学校主催の英語講義を受講する
Ready to Write:
大学授業で必要なアカデミックライティングスキルを強化する
例) Paragraph Structure
Friday Flicks:
授業以外の動画視聴によりリスニングスキルを強化する
昼休憩
60分
Lunch Break Talk Session:
同じグループの仲間と交流?情報交換をする自由参加型のセッション
レッスン3
55分+5分休憩
Prep for Group Discussion:
翌日にあるグループ英語討論の準価をする
Prep for Lecture:
翌日のネイティブ学生と共同するスピード英会話の準備をする
Prep for Cultural Exchange:
翌日の異文化交流の準備をする
Writing Activity:
アカデミックライティングの復習をする
Prep for next week's theme:
翌週2週目のテーマに向けて準備する(同様の流れで1週間の新テーマを学ぶ)
例) Arts & Entertainment
レッスン4
55分+5分休憩
TBA
参加者人数や学習状況に応じて後日決定します。
TBA
参加者人数や学習状況に応じて後日決定します。
TBA
参加者人数や学習状況に応じて後日決定します。
TBA
参加者人数や学習状況に応じて後日決定します。
TBA
参加者人数や学習状況に応じて後日決定します。

Welcome to Newcastle!!(ニューカッスル大学からのメッセージ)

City Campus Tour

   

Student Life

   

NU Space

申込みの流れ

6月24日(金)17時必着
※定員数に達し次第、締め切りとなります。
Webエントリー

下記のボタンをクリックして、Webエントリーを行ってください。オンライン授業では、大学のメールアカウントを使用する為、必ず本人のNU-MailGで入力ください。
Yahoo,Gmail等のフリーメールは受付不可
です。

 

参加を希望される方は下記の参加希望調査にご回答をお願いします。

受講料の支払い

Webエントリーの後、NU-MailGに通知メールが届きます。そこに記載された日本大学の指定口座にご入金ください。6月24日(金)17時までに入金がない場合は受講不可となります。

 

申請書類の提出
下記の提出書類(PDF)をダウンロード、自分で印刷し、書留または宅急便で2022年6月24日17時までに(必着)国際交流課へ郵送ください。

 

● 提出書類
1)申込書 (ダウンロード用PDF)
2)誓約書 (ダウンロード用PDF)
3)学生証のコピー

 

● 提出先
〒102-8275 東京都千代田区九段南4-8-24
日本大学学務部国際交流課 オンライン海外研修(ニューカッスル)係
 

【注意】
Webエントリー?入金?郵送(申込書?誓約書?学生書コピー)の締切は2022年6月24日17時必着となります。
この締切を過ぎた場合は、受講不可となりますのでご注意ください。

 

過去の実績(2022年)

① 第1回日本大学オンライン海外研修(オーストラリアニューカッスル大学)

  • ●事前研修:2022年2月22日(火)午前 日本時間9時30分から12時30分
  • ●語学研修:2022年2月28日(月)から3月11日(金)  日本時間9時30分から14時30分 (昼休み1時間含む) ※土日休み
  • ●事後研修:2022年3月12日(土)午前 日本時間9時30分から12時30分
  • ●募集人数:40名
  • ●応募資格:学部生?大学院生?短期大学生 ※休学者は対象外となります

② 第1回オンライン海外研修の応募要項等

  • 応募要項(PDF) ※クリックすると閲覧できます。
  • ● 授業シラバス(2週分) ※1週間で完結する流れとなり、週ごとにテーマが変わってゆきます。

1週目シラバス(PDF)

2週目シラバス(PDF)

③ 受講生アンケート結果(3月12日グーグルフォームで実施)

研修後に行われたアンケートでは、96.8%の満足度を達成しました。

【学生の声(アンケート抜粋)】

●勇気を出して参加してよかったなと思います。英語力はもちろん、英語を学習するモチベーションになったと思います。また海外の方との交流や、コロナであまりできない学生間の交流もできたため非常に満足しています。このようなプログラムを計画していただきありがとうございました?

●留学をすることは、私にとって大学生活中の1番の目標でした。しかし、コロナ禍で先が見えない状況の中、情報収集したり、英語学習を進めることは精神的に難しかったです。そんな中、オンラインという形でもネイティブの英語に触れられる機会があったことは、とてもありがたく、非常に参加して参加してよかったなと思えました。英語力に関して、レベルが違う学生がいることに賛否両論はあると思いますが、個人的には同い年で流暢に英語を話せる人の存在を知れて、刺激になりました。

●コロナ禍で何かに挑戦することが難しかったのですが、このプログラムを通してやりがいを得て、頑張ったと自信を持って言えるような経験をすることが出来ました。参加できて良かったと感じています。有難うございました。

●英語に触れ合い、海外の人と交流できる良い機会に参加できてとても良かったです!英語だけではなく、自分自身を成長されることもできたと感じています。また、グループワークが多くあり、自分の意見を考え、交換するのはとても大切だと思いました。

●このプログラムに参加させていただいて、ディベートや自分たちで物語を作る授業など、普段日本の大学ではあまり行わない講義を経験できたため、とても刺激的でした。また、現地の学生とお話をして、文化や考え方の違いを享受できたため、本イベントに参加して良かったと感じました。

●コロナ禍でも、気軽に留学体験ができる機会を作って下さり、ありがとうございました。意識が高い仲間と共に英語を学ぶことができで、とても有意義だったと感じております。語学以外にも多くの学びを得ることができました。

●2週間という短い時間でしたが、私にとって、とても良い経験になりました。ニューカッスル大学の先生方や、ボランティアで私たちと接してくれた方々、このプログラムを企画してくれたスタッフの方々皆さんがとても親切で、本当に感謝しています。また、いつか機会がありましたら、その時はよろしくお願いします。本当にありがとうございました。